【ファーム】オーストラリアでファーム生活‼︎日本人はレアなパパイヤファームでの1日。

ファーム

こんばんは‼︎こーたです。

オーストラリア生活も12ヶ月目。

今年の3月〜6月まではセカンドビザをとるために、ファームジョブをしていました。

僕はケアンズから南へ約1時間半、イニスフェイルという街のパパイヤファームにいました。

【イニスフェイル】ファームで有名な街の紹介と行き方。

2018-09-30

自分がまさかパパイヤファーム になるとは思わず・・・(バナナのつもりでバッパーきたら、パパイヤ紹介された。)

何も事前情報がなくて少し不安でした。

と、いうのも日本人でパパイヤファームに行っている人がまずいない‼︎

僕がいるファームでも、日本人は初‼︎とのこと。

こーた
パスポート出すまで、韓国人に思われてたからねぇ・・・笑

パパイヤファームで日本人はスーパーレア・・・いやウルトラレアだと思います。

って事で、今日はそんなニッチなパパイヤファームの1日を紹介します。

ファームによって1日の過ごし方は変わると思いますが、これからファームに行く人には参考になるかと思います♪

こーた
俺がパパイヤのパイオニアになるぜっ!!

※あくまで僕のファームの話です。
ファームによって違うと思いますので参考程度に。

ファーム生活の環境

こんなところに住んでたよ
  1. バッパー:ワークホステルと言われるバックパッカー宿。バッパーのオーナーに仕事を紹介してもらいました。
  2. バッパーは8人部屋(男女混合)
  3. ヨーロピアンが8割。イギリス・フランス・スペイン・イタリア・etc.. / アジア人は少なかったです。一時期、アジア人男子が僕だけの時期もありました。
  4. バッパーのオーナーが送迎してくれる
  5. バッパーのレント(家賃)は$200 /w。WiFi・洗濯機代は別。
  6. ファームは日本人は僕一人。オージー・イギリス・フランス・イタリア・トンガ・インド・カナダ・アメリカと国際色豊か。ネイティブが多かったのはよかったな♪
こーた
軽く潔癖症の僕には過酷な環境でした。でも3ヶ月を無事過ごしたよ♪

パパイヤファーム1日のスケジュール

・6:00  起床

同じ部屋の中では、僕が一番出発が遅いので、起きるのも遅いです。早い人は5時過ぎには出ますね。
早い人は夕方も早く終わるから羨ましい!3時とかには終わります。

・6:30  出発

バッパーのオーナーが送ってくれます。10分くらいの道のり。ガンガン飛ばすからバンの後ろに座るとめっちゃ酔うのがたまに傷。

・7:00  仕事スタート

月曜日はピッキング済みのパパイヤは無いので、全員でピッキング。トラック1台約1時間。その後俺は自分のポジションのスタッキングを丸一日。忙しい時期はトラック2台同時に出ます。

農園の様子

f:id:naka-labo:20180521180237j:plain

トラック1台、約1時間

f:id:naka-labo:20180521175833j:plain

 

・9:00  朝ごはん

30分間の休憩。ここで昼までの腹ごしらえ。ファームにもよると思うけど、レンジとケトルはだいたいあるかなぁ。作ってきてチンする人もいれば、俺みたいにインスタントラーメンの人も。スモーコー‼︎って本当に言うんだって思いました。笑(オーストラリアスラングで、Smoke & Coffee breakの意味)

・9:30  仕事再開

永遠とスタッキング。スタッキングについては後述します。

・12:30  ランチ

午前中の仕事を終えてランチ。だいたいインスタントラーメン。

・1:00  仕事再開

永遠とスタッキング。

・4:30  仕事終了

午後は3時間半。休憩の30分は給料でるので、実働9時間。拘束時間9時間半です。少し長めだと思う。

・4:45  バッパーに帰宅。

シャワーを浴びる前に、手洗いで仕事の服を洗います。洗濯機もあるけど1回$3。乾燥機も$3。そこにお金をかけたくないから、下着と仕事用の服は手洗いです。ファーム出る時捨てるからボロボロになっても良いですし。私服は2週間くらいためてから洗濯機。ほとんど私服着ないから2週間でもほとんど洗濯ない。ヨーロピアンの男はめっちゃ臭いです。笑 服洗わないんですよ。笑 この前ファームのオーナーに臭いって怒られてた。笑

・5:30  夕飯

この時間に夕飯は早い‼︎と思うかもしれませんが、仕事終わりはめちゃくちゃ腹が減る&次の日も朝早いので早く寝たいのです。6時半にはベットでごろごろしたいのでこの時間にご飯を食べちゃいます。2ヶ月目からは友達が同じバッパーに来て、飯作ってくれたのでハッピー♩

・6:30  ベッドでごろごろ

平日にブログ書いてたのもこの時間。他には写真の現像・編集したり、本読んだり、インスタ見たり。フリータイム。

・9:00 ~ 9:30  就寝

だいたいこのくらいには寝ます。同じ部屋のみんなもだいたいこの時間だから、誰かが電気を消しちゃう。休みの前の日はヨーロピアンは爆音でパーティしてるけど、僕はうるさい所と人が多い所が嫌いなので、パーティーには参加しないです。笑(バッパーも俺には合わない。)好きな人はめっちゃ楽しいと思う。金土でもおかまいなしに11時くらいには電気消しちゃいます。

こーた
仕事の日はほぼこのルーティーンだったよ

パパイヤファームのお給料

みんな気になるお給料は・・・

こーた
時給$22.8だったよ‼︎

Tax引いて$19.8くらいかな。うちのファームは週に3~4日働いていました。多いときで4日。

金曜日は仕事があっても半日で終わり。金曜の午後から日曜日まで休みでした。週末に仕事があることはほとんどないです。1回だけ土曜出勤はあったけど、2時くらいに終了したかな‼︎

パパイヤの出荷までの流れ

出荷までの流れ
  1. ピッキング *
  2. 茎切って並べて洗う*
  3. 乾かす
  4. パッキング
  5. スタッキング **
  6. スタンプ等  **
  7. 出荷作業

**が僕のメインの仕事でした。

この流れ。この中でワーカーがやるのは、④のパッキングと⑥の出荷作業以外。

出荷は業者が来てフォークリフト使ったりするからオーナーがやります。パッキングも細かいルールがあるようで、やらせてもらえないです。

 僕のメインポジション『スタッキング』

さて、僕がやっているスタッキングの仕事の詳細です。

まずスタッキングとは、積むことです。stackが、動詞で積み重ねると言う意味。それにingがついて、『stacking』

簡単に言うと、パッキングされたパパイヤの箱を積んでいく作業です。

でも実際は積み重ねるだけでなく、色々とやることがあります。

ちなみにスタッキングは僕一人なので、前の日にピッキングは終わって、パッキング・スタッキングが終わってないと

僕だけ仕事に呼ばれるとかもあります。同じファームの人でもワーカーの中じゃ一番仕事があるポジションですね。

出荷先にごとに色分けされているシールを貼る。

f:id:naka-labo:20180613125942j:plain

上の写真のように、パパイヤ1つ1つにシールを貼っていきます。
積み重ねるパレットごとに、シールと箱の蓋を変えるので、都度オーナーにどのシールを貼るか確認します。

上の写真は蓋がないパターンの箱。

そしてこのシール貼りがスタッキング作業の中で一番のポイント‼︎

一箱に平均で8~15個のパパイヤが入っています。

1日に何千個というパパイヤに貼るので、このシール貼りが早くならないと、スタッキング全てが遅れます。

パッキングは3人でやっていて、スタッキングは僕1人なので、マジで早くやらないとどんどんたまっていきます・・・

レールがいっぱいになったら、パッキングされた箱の置き場がなくなるので、

常にレールにどのくらいの箱が残っているかを頭にいれておきながら作業を進めます。

そしてそのレールは2レーンあります(笑)まじで最初はしんどかった・・・他のポジションの子がヘルプしてくれてました。

シール貼りのポイント

シール貼りのポイント
  1. ロールになってるシールの持ち方
  2. シールの台紙からの剥がし方
  3. シールの種類によって持ち方と剥がし方を微妙に変える(指の使い方一つで作業のスピードに雲泥の差が出るので)
  4. 手首のスナップも重要。

シール貼りを極めた僕は、パッキング3人に対して1人でスタッキングなのに全てを捌けるようになりました。

こーた
2人でパッキングしてる時は、むしろ僕がパッキング待ちをするレベルに達することに成功したよ‼︎笑

作業の流れがわかると、だいたい次のシールはどれを貼るかわかりますが、

変則的な事も日に1回はあるので勝手にやって間違えたら多分怒鳴り散らされます。

こーた
F*CKなんど言われたことか・・

ただ、もちろん全部英語で会話をするので、意思疎通が取れないこともあります‼︎

こればかりは聞き返すしかありませんが、聞き返すと『こんなことも理解できないの?』的なあからさまにめんどくさそうな顔をされる&ここでも、F*CKって言われる。笑

だけどわからないものは分からないから、めっちゃ聞く。あとで怒られるよりマシです。

こーた
大事なのはつーか、ネイティブの英語わかんねーし‼︎と軽くいなす気持ちですね。笑
こーた
理解する心が大切だね!

最初の3週間くらいはマジでイライラしてましたが。笑

数を数えて箱の蓋に書いてかぶせる。

f:id:naka-labo:20180613125930j:plain

1つ1つパパイヤにシールを貼ったら、今度は一箱にいくつパパイヤが入っているのかを数えて、箱の蓋に書いてかぶせます。

箱の蓋は常に俺の手元にあるので、オーナーがパッキングの時点ではかぶません。

蓋があるタイプ』と『数だけ書いて、スタッキングできる蓋がない箱』と2種類ありました。

数を数えるのも、慣れれば瞬殺。パッキングの仕方にはルールがあって法則があります。

通常は8個、9個、10個、11個、12個、15個が多いです。

例外で6個、7個、13個、14個、18個の時もあります。

例外の時は数えないと、『いくつだ?』ってなるけど、通常の時は箱に入ってる形がほぼ一緒だから一瞬で見分けがつきます。

10個と11個の時は、変則の並べ方の時があるので、俺はそれをひっかけ問題と呼んでいます。笑

12個を基準に1個足らずきたー!とか2個足らず来たー!とか思ってる。笑

(数を書いてからあっ。。ってなって、こっそり書き直すことはここだけの秘密。)

スタッキング

f:id:naka-labo:20180613125946j:plain

シールを貼って数を書いて蓋をかぶせたら、積む作業。

積み方にルールがあるけど、これは覚えちゃえば簡単です。

積む作業自体は何って難しいことはないけど、

パパイヤの大きさとかパパイヤのオス・メスに合わせてオーナーが箱を変えて来るのでこれは慣れるまで結構大変ですね。

メスだけ別パレットに積む時もあれば、オスを積んだ一番上に積めって言われることもあります。

オーナーの支持をちゃんと聞くように。笑

箱の種類が違うと、パレットの色を変える必要があります。

なので、箱が変わったら新しいパレットを用意します。

それが通常なんだけど、今積んでいるパレットの一番最後(一番上)に積めって指示が飛んで来る時もあるので、マジで注意が必要。

f:id:naka-labo:20180613125926j:plain

作業自体はめちゃくちゃeasy。

だけどスピードと正確さを要求されます。あとは積み方の丁寧さですね。

これを全て両立させるまでに3週間かかったりました。

最初はヘルプに来てもらわないとさばけなかった箱達が、1ヶ月もすぎた頃には俺が待つくらいの勢いです。

こーた
成長したなぁ(笑)

要はやり方ですね。ゲームです‼︎オーナーは早く積むやり方教えてくれないですし、

自分なりに早くて、正確で丁寧にできる方法を見つけよう。

こーた
結果ちゃんとできればOK!!!

4の法則と2の法則

こーた
俺はみつけました。早く詰める法則を。そして名付けました。『4の法則』と『2の法則』と。
『4の法則』『2の法則』
  1. フタをかぶせる箱は、4箱ずつシールを貼ってスタッキング。
  2. 数を書くだけの箱は、2段ずつレールの上にあらかじめ積んでからパレットに積む。

これのルールを徹底するだけで、圧倒的に早くなりました。レールにたまらなくなり、積むスピードも早くなった。バランスが良いんですかね。ちなみに蓋をかぶせる箱の色は2種類。数を書くだけの箱も2種類。シールもそれぞれ2種類あります。

積み方のルール

積み方のルールは1段につき8箱。2箱ずつ向きを変えて正方形に積みます。(上の写真を見てください。)蓋ありは9段。蓋なしは間にパレットを挟んで16段。リフトにのせて地下にさげたり、あげたりしながら積んでく感じです。1箱の重さは平均で12、3キロくらい。これを1日は結構体にきますね。

番外編 – スタッキング以外の作業 –

1.スタンプ&ストラップ

スタッキングが完了した箱達には、パッキングの日付と出荷先のスタンプを押します。

そして搬送中に崩れないようにストラップかテープで固定。

これをスタッキングの作業の間に言われることがあります。

この作業がスタッキングの間にくると、レールに箱がたまるたまる・・。

こーた
パッキングしてるオーナーはとまらないです。笑

2.ピッキング

f:id:naka-labo:20180521180233j:plain

毎週月曜日の朝は、ピッキング済みのパパイヤがないのでみんなでピッキングです。

俺もこの時だけはパパイヤ農園にでます。バナナみたいに蛇とかゴキブリは出ないけど、コバエと蚊が異常に多い・・・。

ピッキング自体は非常に楽です。木になってるパパイヤを一個一個とって箱に入れてトラックに積だけ。以上。

うちのファームはピッキングか、スタッキングしかポジションないから、スタッキングよりピッキングの方がはるかに楽。

でも虫嫌いで、さらに濡れるのも嫌な僕にとっては

屋根の下のスタッキングの方が好きでした。

どしゃ降りだろうと関係ないですし・・・。

3.ピッキングしたパパイヤの茎を切って、並べて、洗う

f:id:naka-labo:20180613125919j:plain

ここも全員。ピッキングしてきたパパイヤの茎を他のパパイヤに傷がつかないように切って、回る台の上に並べます。

そして洗って乾かします。場合によってはこのあと保護剤をかぶせますが、

パッキングする時の箱によって保護剤はあったりなかったりです。

パパイヤって意外とでかくて、片手におさまらないものも結構あるんです‼︎

そして1個2.3キロ位はするから連続してくると結構重いです。

最初の2週間は、爪の間からめっちゃ血でて痛かった思い出が。

雨で濡れてるパパイヤとか滑るし。握力も鍛えられる。

こーた
大変だったけど、こうやって書くと結構楽しんでいる節があったのかな。笑

【まとめ】ファームはハードだけど、良い経験。

結構細かくまとめました‼︎わかるかな?いや、わかってほしい。笑

ここ最近ブログのおかげもあってか、ファームは稼げますか?とかどんなファームがいいですか?とか、いろんな人に聞かれます。

稼ぎたいならそれなりにハードに頑張らないと無理だし、

どんなファームに行くかも、どんな目的を持って行くかによって変わると思います。

セカンドがとれるファームですが、当たり外れがあるのも事実。

悪徳や違法ファームがあるのも現実。

ネットにいろいろな情報は落ちていますが、しっかりと調べたり、行っている人に聞いたり、

自分で信用できる情報網を見つけましょう。

ちゃんとしたファームに行ければ、充実して楽しいオーストラリアらしいファーム生活になると思いますよ♩

ファームはイメージ通りハードでしたが、ここでしか出来ない出会いや、

ファームでしか出来ない経験もあるのでオススメしたい。

ファームの相談がありましたら、コメントでもTwitterでもいつでもご相談ください。

参考になれば幸いです。

 

See u later !!!

こーた