【セカンドビザ】オーストラリアのセカンドワーホリビザを申請する5つの条件。

ファーム

こんにちは!こーたです。

先日の記事で、セカンドワーキングホリデービザの申請方法を書きました。

今日は、そのセカンドビザを取るための条件を細かくお話します!

セカンドワーホリビザの条件
  1. 指定された期間以上働く
  2. 指定された地域で働く
  3. 指定された職種で働く
  4. セカンドビザの申請が一回目であること
  5. 31歳になっていないこと

この5つをクリアすれば、セカンドは取得可能です!

条件をクリアしていないが為にとれなかった人の話は聞きますが、条件クリアしていればとれますので、安心してください。

ファームの話・セカンドビザの取得方法は以下の記事を参考にしてください♪

【セカンドワーホリビザ】オーストラリアのセカンドビザの申請方法と、僕が『秒』でゲットした話。

2018-10-12

【ファーム】オーストラリアでファーム生活‼︎日本人はレアなパパイヤファームでの1日。

2018-10-08

Let’s get started!!

セカンドワーホリビザの条件

  1. 指定された期間以上働く
  2. 指定された地域で働く
  3. 指定された職種で働く
  4. セカンドビザの申請が一回目であること
  5. 31歳になっていないこと

指定された期間以上働く

まずは、どれだけの期間働かなければいけないのか。

セカンドをとるのに、88日カウントって聞いている人も多いと思いますが、オーストラリア政府のホームページには

‘Three months’ of specified work means a period equivalent to three ‘calendar’ months, which is taken to be a minimum period of 88 calendar days, including weekends or equivalent rest days during your period of employment.

*引用Specified work for Working Holiday visa (subclass 417)

意)特定の仕事の「3ヶ月」とは、あなたの雇用期間中の、週末またはそれに相当する休日を含め、88カレンダー日の最低期間とみなされる3カレンダー月に相当する期間を意味する

厳密に言うと雇用形態(フルタイムなのかパートタイムなのか)によって変わりますが、休日を含めた3ヶ月間働けばOKです。

その証拠に僕は、実働45日しか働いてません。

画像はファームオーナーに書いてもらったForm1263。

(オーナーが、Start dateを最初間違えてて、実働日数は間違えてるまま。笑)

3ヶ月間=カレンダー月(例1月1日〜3月31日)

この時、僕も不安になってオーナーに聞きました。

こーた
88日働いてないけど本当に大丈夫?
日数じゃなくて、大事なのは期間。ファームの仕事は天候に左右されるから、3ヶ月間働いていれば何も言われない。それでビザ取れなかったやつは1人もいないよ!

と言われました。

そう言われたら何も言えない・・・笑

実際僕も取れているし嘘じゃないかと。

ただ僕の場合は、このフォームを提出する事なくセカンドビザがおりています。

ABNの信用度が高いんだと思います。(これはオーストラリア政府は絶対言わないので、仮説)

なので、ファーム選びは超重要。口コミをしっかり調べてください。

同時に、注意が必要なのは同一雇用主』であること。

もしファームを、首になってしまった・仕事がなくなって、ファームを変えざるを得ない状況になってしまった、

もしくは、途中でやめて違うファームに行った場合は、トータルで88日カウントをしなければなりません。

ファームを変えても、働いていた日数が0になることはないので安心してください。

ファームを変える前に、ファームのオーナーにForm1263(セカンド申請のために必要なフォーム。上の写真。これがないと申請できない。)を書いてもらってくださいね。

書いて貰わない場合、そこで働いていた証明が無くなるので、トータル88日カウントができないです。

例えば、50日働いてファームを変えたけど、フォームを書いてもらわなかった場合、

50日間がまるまる無駄になるので気をつけてください。

こーた
んー。首になるかどうかは、自分の頑張り次第!でも仕事がなくなったは笑えないよね・・・

そこで大事なのが、何の作物がハイシーズンで、その作物がどこで採れるかと言うこと。

ハイシーズンはいつ?何が獲れるの?

これはこちらのサイトに載っているので、参考にしてください。

*英語のみ

こんな感じです。

僕は知り合いの紹介で今のファームに決めたので、このサイトは使っていませんが参考にしてました。

  1. Enter a crop にキーワードを入力
  2. 場所を選択
こーた
行く行かないは別として、情報収集にもかなり役立つサイトだよ!

僕は、情報収集に使っていました!

オーストラリア政府のサイトなので安心です。

ちなみに、『バナナ』で調べるとこんな感じ。

僕が行っていたInnisfail(イニスフェイル)はバナナで有名な土地なので、一番上に出てますね。

詳細をクリックすると、

こーた
英語がわからない人は、Google翻訳Weblioを使いながらやるといいよ♪

そして、トップページを下にスクロールするとハーベスト表がダウンロードできます。

州ごと(QLDやNSWごと)に、どの時期にどの作物がシーズンなのかが一目でわかります。QLDを例に出します。

濃い色の部分は、ハイシーズンです。これを狙うとお金もある程度稼げます。

指定された地域で働く

*英語のみ

ポストコードで管理されています。上のサイトにいくと、こんなページがでてきます。

上記のサイトのポストコードに該当していない場合は、セカンドビザは取得できません。

まるまる無駄な時間になってしまうので、しっかりと調べてください。

こーた
セカンド目的でファームにいく人は、しっかりと調べないとね!

指定された職種で働く

*英語のみ

この5つ
  1. 農業、畜産業(plant and animal cultivation)
  2. 漁業、真珠養殖(fishing and pearling)
  3. 植林、伐採(tree farming and felling)
  4. 鉱業(mining)
  5. 建設業(construction)

僕らがよくいうファームは①に該当します。

僕の知り合いだと、①か⑤の建設業でセカンドをとった人がいます。建設業は、ファームよりハードと聞きました。

ただ、ファームと違い天候に左右される事も少ないため、ガッツリ稼ぎたい人にはオススメ!と言ってましたね♪

セカンドビザの申請が一回目であること

これは当然なのですが・・・

オーストラリアでのワーホリは最大で2年間。ファーストビザとセカンドビザです。

過去に2回、オーストラリアのワーキングホリデービザを取得している場合は、それ以上は申請できません。

(サードワーホリビザが2019年7月より登場)

学生ビザに切り替えて、滞在を延長する人もいます!

こーた
ワーホリ中に恋人見つけて、パートナービザとる人もいるよ♪

31歳になっていないこと

これは、ファースト(一回目)のビザと同じです。

31歳の誕生日までに、申請を完了してください。セカンドの条件をクリアしていても、31歳になってから申請では却下されます。

『ワーホリは30歳まで』といいますが、正確には『30歳中なら、申請可能です』

こーた
30歳の人も、31歳までに申請すれば、ワーホリこれるよ!まだ遅くない!
ビザ取得後、1年以内に渡航しないとビザは無効になるので気をつけてください。そしてファーストワーホリのスタートは入国から1年です。

セカンドワーホリビザの注意点

  1. セカンドビザを、オーストラリア国内から申請した場合、ファーストビザで入国した日から2年間になりますので注意してください。
  2. セカンドビザをオーストラリア国内から申請した場合、ビザが降りるまでオーストラリア国外に出れません
  3. セカンドビザを、日本(オーストラリア国外)から申請した場合、ビザが降りるまでオーストラリアに入国できません。
オーストラリア国内からセカンド申請後、ビザが降りる前に、ファーストビザが切れてしまった場合、自動的に『ブリッジングビザ』に切り替わるので、ビザが切れても不法滞在にはなりません。

サードワーホリビザが登場!

ワーホリで、セカンドビザが認められているのはオーストラリアだけです。

それだけでもすごい事なのですが・・・

なんと、サードビザも登場です!

サードビザ条件
  • 2019年7月以降
  • セカンドビザ中に半年間
  • 指定された地域で働く
  • 指定された仕事(ファームやファクトリー)で働く

セカンドビザ中に半年は、かなり長い気が・・

理由としては、『ファームでの労働力不足』のようです。

詳しくはこちらの記事でどうぞ♪

【最新版】オーストラリアワーホリ3年目のビザ『サードビザ』取得可能に!気になる条件は?

2018-11-05

まとめ

こーた
ファームだからと言って、オーストラリア国内どこでも良いわけでなはないので注意です!セカンド取れます!!と、謳って実は違法ファームで安い給料でこきつかわれるとかも聞くので、しっかりと調べましょう!

よく聞きます。

実際にそれに当たった知り合いは僕にはいませんが、

そういう話があるということは実際そういう目にあった人がいるという事。

気をつけてくださいね!

ネットで出ている情報をどこまで信用して良いかわからないのも正直なところ。

オーストラリア政府のサイトをメインに調べるのが良いです。

色々なサイトがありますが、日本語で書いてあってもどこか疑ってしまいますよね。

コメントとかに否定的なことがあったりしたらなおさら。

一番良いのは、今ファームに行っている、もしくはセカンドを実際にとった人からの紹介です。

そこの繋がりを作っておくのも、ファーム成功へのひとつの道ですね!

ワーホリの限りある時間を使って、ファームにいくのに結果セカンドビザとれなかった!!では笑えないので、

しっかりとファームは調べてみてくださいね。

 

【オーストラリアワーホリ】ワーホリ相談やってます!

2019-01-19

See u later!

こーた