オーストラリアワーホリに来て、良かった事『ベスト5』

オーストラリア

こんにちは。こーたです!

今日の記事は、【ワーホリに来て良かった事5選】です。

オーストラリアワーホリに来てから、たくさん「来て良かったなぁ!」と思う事はありますが

それらの全てに通じている、根本の5つのお話をします。

これからワーホリをする人達には、日本にいる時から胸を踊らせてもらえたらと思うと同時に、

今日の記事の事を、日本にいる今この時点から考えておいて欲しいなと思います。

もちろん、今すでワーホリをしている人達にも何か感じてもらえる事があれば嬉しいです。

5つのこと
  • 人間関係が爆発的に広がった
  • 視野が広がった
  • 他言語の中で生活した経験
  • ひとりの時間の大切さを知った
  • 環境が変わっても、人は変わらない

出来れば最後まで読んでいただきたいなと思います。

こーた
ワーホリは素晴らしい!って胸を張って言えるよ。

Let’s get started!!

人間関係が爆発的に広がった

オーストラリアは、移民が多い国なので

オーストラリア人以外に、多くの国から人が来ています。

日本人以外の仲間ができた事もすごく嬉しい事ですが、日本では出会わなかったであろう日本人と出会えた事も大きいです。

僕は、オーストラリア後に他の国へも行くつもりでいますが、いずれは日本へ帰ろうと思っているので、その時の事も想像すると、オーストラリアで出会った仲間たちと日本で再会するのが楽しみです。

こーた
やっぱり価値観も似てる人が多いしね!

他の国の仲間たちも、それぞれの国へ帰る人が多いです。

彼らとは、お互いの国に行けば会えるので、そんな楽しみが未来にあるのもワーホリの醍醐味だと思います。

視野が広がった

人間関係が爆発的に広がったことで、視野もかなり広がりました。

視野が広がったというのは、色々な価値観の中で物事が見えるようになった。という事です。

たくさんの人がいますから、それぞれがそれぞれの考え方や想いを抱いて生活しています。

時には、そんな深い想いを聞くような語り合いもあるのですがそういった中で、自分には想像もつかないところで生活してる人達がたくさんいるんだなと知りました。

それは、経済的な部分であったり、現実的なビザの問題だったりもしますが、海外で生活している想いとか、それぞれの国や家族への想いだとか形にはできない事も含まれています。

いかに自分が狭い世界で生きていたのか痛感しました。

その中でも、自分と似た考え方を持っていたり、

似た境遇を持っている人達と出会う事もあります。

そんな時は素直に嬉しく思いますし、仲良くしたいなと思います。

こーた
世界は広くて、狭い。

そんな仲間たちの大切にしている想いを、僕も大切にしたいと思うようになりました。

他言語の中で生活した経験

僕にとっては、日本語圏以外の国に住むのは初めての経験でした。

日本はすごいです。

日本語だけで生活できて、高度な学習ができて、日本語で完結しますから。

極論を言えば、英語や他の言語を学ぶ必要なく、一生を終える事もできます。

でも、そうでは無い国もたくさんあります。

英語や他の国の言語を知らないと、まともに教育も受けられない。

専門性を高めようと思うと、自分の国の言語だけではまかないきれない。(日本でもこれはあるかと思いますが。)

そんな事を目の当たりにしていくと、

母語を使わないという事も当たり前になっていきます。

もちろん、最初は・・というか今でも、英語が通じなくて困る場面はあります。

でも、焦る事はだいぶ無くなりました。

それは、言葉はコミュニケーションの1つのツールだという事を身をもって体感できたからだと思っています。

つまり、コミュニケーションを成り立たせるには、言葉以外のツールを使ってもできるという事です。

絵でもいいし、写真でもいい、ボディーランゲージだって使えるし、相手と意思疎通する事は、言葉でなくてもできるという事です。

これは、日本にいたら絶対に分からなかった事だと思います。

この経験は、他に国に行った時に必ず役に立つと思っています。

訪日外国人が増えている最近の日本でも、この経験は自分の自信になるんじゃないかなぁと思っています。

こーた
世界を旅する前に経験できて良かった!

ひとりの時間の大切さを知った

僕はオーストラリアに来る前から、日本をひとりで旅をしていたり、

長い間ひとり暮らしをしていたので、自分の時間というは割とあるタイプだと思っていました。

その時から、ひとりの時間が無いとダメだなと思っていましたが、異国の地に来てより強く思うようになりました。

もちろん、仲間といる時間も大切です。

むしろ仲間といる時間があるから、ひとりの時間が大切にできる側面があります。

ワーホリ生活というのは、きっと今君が想像している以上に時間が余ります。

正直、暇な時間も多いです。

その時間が増えていくと、「こんなに時間ってあったのか!」と思うと同時に

自分と向き合う時間も増えていきます。

不安も出ますし、ワーホリ後の恐怖もあります。

オーストラリアで何してんだろ。って思う事も、僕はあります。

でもそれは、日本では決して出会えなかった大切な気持ちだと思うようにもなりました。

日本にいた時は、仕事に追われ、人間関係に追われ、ひとりの時間はあるようで無かったなと今になって思います。

考えているようで、見えていないものが多すぎたと。

オーストラリアに来たからこそ思える事であって、その時の自分にはどうしようも無かった事ですが、今後日本に帰った時には、同じ状況に自分の身を置く事はないと思います。

それができると思います。

それは、オーストラリアでひとりの時間の大切さを痛感したからだと思っています。

環境が変わっても、人は変わらない

最後に、これからワーホリへ来る人へ一番伝えたいメッセージを残しておきます。

僕がオーストラリアワーホリにきてから気づけた事の中で、一番良かった事です。

それは「環境を変えても、人は変わらない」という事です。

もっと正確にいうと、「環境を変えても、自分の意思が無いと人は変わらない」です。

ワーホリへこれから行く人は、いろいろな想いを抱えていると思います。

僕もワーホリに来る前に思っていた事ですが、

「何かを変えたい。漠然としているけど、今までの自分を変えたい。」

こんな事を考えている人も多いと思います。

それでオーストラリアに来るのは、大正解です。

でも、オーストラリアに来たからといって変わるわけではないので、覚悟してください。

この話は、僕のnoteでも詳しく書いています。

自分を変えよう!と思った時に、環境を変えるのはすごく良いと思います。

僕らは、良くも悪くも環境に影響される事がものすごくありますから。

でも、影響されたからといって、変わるかどうかはまた別のお話。

ワーホリに来てからでもOKです。

「自分がどう変わりたいか・どんな人生を生きたいと思っているのか」

これを考えて欲しいと思います。

自分の強い意思がないと、環境をいくら変えても変わりません。

でもその強い意思があれば、その環境は背中を押してくれます。

変えたい!と思って、環境を変えたのならば、その環境を最大限に活かしましょう。

環境に甘えていたら何も変わりません。

そして最後に、上にあげた4つの事。

  • 人間関係が広がった
  • 視野が広がった
  • 他言語の中で生活できた
  • ひとりの時間の大切さを知った

これらは、僕が能動的に動いた結果です。

友達が欲しくて、いろいろな人に会ったし

視野を広げる為に、たくさんの人の話を聞いて、日常生活に目を向けたし

自分なりに、英語をつかう事に向き合ったし

意識的にひとりの時間を有効活用しようと、行動しました。

これで、今の僕はオーストラリアに来る前の自分からは少なからず変わっています。

こんな内容のブログを書けている時点で、僕は変われていると思っています。

それは、僕の自信のひとつになりました。

【まとめ】ワーホリは素敵だ!

いかがでしたでしょうか。

ワーホリメーカーは、みんながそれぞれ色々な事を考えて生活しています。

ホリデーを全力で楽しむ人もいれば、僕のようにワーホリを活かして発信活動にせいを出す人もいます。

はたまた英語にどっぷり浸かる人もいれば、ファームを渡り歩いてがっつり稼ぎまくる人も。

ワーホリに答えなんてものは無いのだから、それぞれのワーホリを過ごす事ができたら

それはもう大成功なのではないでしょうか。

日本にいると周りの目が気になる事もあります。

でも、オージーを見ていても、他の国の留学生を見ていても

日本ほど、周りを気にしている人は少ないと感じます。

だったら、思い切り自分だけのワーホリを進めばいいんです。

英語が話せるようにならなくたって、ジャパレスでずっと働いてたって

別にいいじゃないですか。

答えなんてないから、それぞれのワーホリが全部素敵だと僕は思います。

こーた
こう思えるようになったのも、ワーホリの良かった事の1つですね。

 

【オーストラリアワーホリ持ち物リスト】必要なモノと捨てたモノ。現地でも揃います‼︎

2018-09-07

オーストラリアを移動するなら、長距離バス『グレイハウンド』‼︎使い方とチケットの種類を細かく解説。

2018-09-02

SEE YOU LATER‼️

こーた