【オーストラリア】ブリスベンは1日にしてならず。➀

オーストラリア

こんにちは!こーたです!

ブリスベンを観光するのならここに行こう!というルートを3つ作りました。

今日の記事は、その1つ目。

悲しきかな…シドニーやメルボルン、ケアンズ、ゴールドコーストといった観光都市は、日本の雑誌にも載るのに、ブリスベンはいつもページの端っこに追いやられてしまう。

ブリスベンって何も無いよね〜。

僕もつい口にしてしまう、この言葉。

でも最近はこう言うようにしています。

こーた
ブリスベンは知れば知るほど、味が滲み出る。

そんなブリスベン、住んで分かる魅力がたくさんあるんです!なので、定番どころもいれた、3つのルートを語ります。

今日は、ブリスベンシティ周辺を見てみましょう。

シティオススメルート

ブリスベンCBD → ボタニックガーデン → サウスバンク→カンガルーポイント→ストーリーブリッジ

ブリスベンは1日にしてならず!!

Let’s get started!!

【オーストラリアワーホリ】ブリスベンに住もう!5つのオススメの理由と穴場スポット

2018-12-20

ブリスベンシティ周辺を楽しむ!

まずは、ブリスベンのシティ周りを楽しみましょう!

ブリスベンはシティを中心に、電車やバスが張り巡らされているので、旅や観光で立ち寄る際は、シティに宿をとるのがオススメです。

ワーホリの場合は、仕事に合わせてシティから離れるのも良いでしょう。

Brisbane CBD

ブリスベンの一番の中心地。

CBDというのは、Central Business District の頭文字。

商業施設などのビジネスや、政府組織の中心になっている場所の意味です。

カフェも多くあり、ショッピング、レストラン、バスキング(ストリートパフォーマー)が多く揃うブリスベンの中心地。

Queen Stretがその中心で、歩行者天国になっています。

下の写真のブリスベンアーケードもぜひ通ってほしい。

お土産屋さんがあったり、おしゃれな文房具屋さんがあったり。

こーた
写真映えすること間違いなしです!

カジノや図書館、マーケット、ブリスベン市庁舎の時計台、教会etc.なんでもあります!

この時計台は無料で登れるよ!お土産も売ってます。

日本でもおなじみの、UNIQLOやH&M、ZARAやダイソーなどもあるので、住む人にとっても便利です。

ローカルカフェも数多くあります。

オーストラリアはモーニングの文化なので、朝6時前〜3時、4時にはローカルカフェは閉まります。

カフェに行くオススメの時間帯は、モーニングかブランチ。

散策や観光の前に、シティでモーニングがオススメです!

【ブリスベン】ローカルカフェで美味しいコーヒーを飲もう!

2019-03-24

ブリスベンに来たら行きたい!超オススメ、街ぶらフォトスポット7選!

2019-01-24

City Botanic Garden

シティでのんびりも良いでしょう!

そんな時は、シティの南側にあるボタニックガガーデン。

Queen St.から南へ歩いて約7分。

東京で言う代々木公園のような大きな公園が、ボタニックガーデンです。

広い芝生に、季節を彩る花、噴水があったり、子供の遊具もあります。

芝生で寝ている大学生。本を読んでいる留学生も多くいて、とてものんびりと時間が過ぎる場所です。

毎週日曜日、7時〜15時まではリバーサイドマーケットも開催されています!

僕らの定番は、ドミノの$5ピザを買って、ボタニックガーデンでランチです。

芝生の上でゴロゴロも良いですが、ブリスベンリバーサイドで、風にあたるのも、これまた一興。

Southbank / Southbrisbane

CBDから、ビクトリアブリッジを渡って歩いて7.8分。

ブリスベン川を挟んでCBDの反対側のエリアがサウスブリスベンやサウスバンク。

ブリスベンのモニュメントがあるのも、こちらのエリアです。

海は目の前にありませんが、ブリスベン名物のフェイクビーチがあるのがサウスバンクです。

暑い日は、ここの砂浜とか芝生の上で焼いているし、子供連れの家族の姿もよく見ます!

若い男の人たちがラグビーボールを持ってはしゃいでいたり、ブリスベン市民の憩いの場であることは間違い無いでしょう!

こーた
陽気だよね。笑

他にも美術館や博物館、映画館にレストラン、観覧車。

サウスバンクは少し良いレストランも多いので、夜にぴったりです。

リバーサイドでシティの夜景を見ながらお酒を一杯。

最高です。

Kangaroo point

ブリスベンの夜景を見るなら、絶対にカンガルーポイントへ。

シティから徒歩で約30分。

サウスバンクから歩いて約15分。

シティからフェリーと徒歩でも約15分。

この夜景は見逃せません。

ブリスベン一夜景が綺麗な場所と言っても過言ではないかもしれません!

カンガルーポイントクリフという崖の上のエリアなので、シティを見下ろす高台にあります。

崖の上には、バーがあったり、崖でロッククライミングをすることも出来ます。

リバーサイドなので、昼間はBBQができたり、パーティをしている人がいたり。

こーた
2019年の年末年始のカウントダウンは、ここで過ごしたよ♪

オーストラリアのスローライフがここにあります。

Story Bridge

ブリスベンにきたら外せないのが、ストーリーブリッジ。

カンガルーポイントからそのまま北へ進むとストーリーブリッジがあります。

ブリスベンのモニュメントやフェイクビーチと共に、ブリスベンを象徴するものの1つです。

シティ側からも一望できますよ。

ツアーに申し込めば、ストーリーブリッジの橋桁に登ることもできます!

こーた
僕は高所恐怖症なので、普通に橋の上を歩くのも怖いですが。笑

毎日ライトアップがされています。

季節によっても変わるので、クリスマスは赤と緑になったり、青になったり、夜の変化もまた面白いブリッジです♪

ディナーはフェリーで少し遠出♪

Eat street Market

こーた
夜はフェリーにのって、ちょっと遠くへ!

ブリスベン川を挟んで、いろいろなエリアがあるので、川にはフェリーが通っています。

そのフェリーで約1時間。

金土日しかやっていない、イートストリートマーケットに行ってみましょう!

バンドの生演奏を聴きながら、世界中のご飯が食べられます。

こーた
ご飯はもちろん、ブリスベンでは外して欲しく無いインスタ映えスポットでもあります!

入場料は$2。雨の日は無料です。

車やバスでもいけますが、フェリーから見るシティの夜景もまた一興です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ブリスベンもしっかりと見て回ると、なかなか面白い場所なんです!

その濃さは他の観光都市と比べても、比肩すると思っています。

オーストラリアといえば海!というイメージも強いと思いますが、海が目の前にないからこそ楽しめるブリスベンがあるんです。

ブリスベンは1日にしてならず。②もお楽しみに!

オーストラリアに来た際はぜひ足を運んでみてくださいね。

 

 

SEE U LATER!!

こーた