君の『ワーホリの目的』は?ワーホリの1年間を成功させる、たった1つの方法。

オーストラリア

こんばんは‼︎こーたです‼︎

最近は昼間にバイト、夜はブログやTwitter、休みの日は写真や人に会ったりと

かなり充実したワーホリ生活を送っています。

それもこれも、僕のワーホリの『目的』がハッキリしているからだと思っています。

ワーホリに行く前って

英語が不安だなぁ・・・友達できるかなぁ・・・ホームステイ先でうまくやれるかなぁ・・・

こんな不安に襲われません?

こーた
僕もそうだったなぁ・・・。

そしてその不安を抱えたままワーホリの世界に飛び込んできた僕が

これからワーホリに行く人へ、不安に打ち勝ち、充実したワーホリ生活を送る為の今一度考えて欲しいことをまとめました。

これを考えることが時間が限られているワーホリを、成功させる唯一の方法です。

こーた

君のワーホリの目的は何?

 

ワーホリを通して、ワーホリ生活を送ること自体が目的になっている人をたくさん見てきました。

その人たちは、100%日本と変わらない生活をしています。

勇気を持って日本を飛び出して、オーストラリアに来るのに、今までと同じ生活は嫌ですよね?

環境が変わっても、自分が変わらないと何も変わりません。

今、オーストラリアでワーホリ中の人にも読んで欲しい内容にまとめました。

この記事を読む5で、あなたのワーホリの1年間・2年間は成功となるでしょう。

僕が思うワーホリとは

ワーホリとはご存知の通り、『ワーキングホリデー』の略。

と、こんなことを言いたいのではありません。

僕の友人の1人が『ワーホリってバイトじゃん』って言ったことがありました。

僕はこれを断固否定します。

確かに、ワーホリ生はバイトをします。バイト漬けの人もいます。僕もバイトをしています。

でも、僕はワーホリで旅をしにきました。

その旅を通して、色々な人と出会い、異文化を経験し、たくさんの新しい景色を見て、『僕が目指す僕』になる為にワーホリにきました。

ワーホリは、バイトでもなく、勉強でもなく、遊びでもありません。

ワーホリに〇〇という正解はありません。人それぞれの正解があるのがワーホリです。

そのワーホリ自体が目的になってしまうと、日本と変わらない生活を送る事になります。

ワーホリが目的になってない?

ワーホリに行く前って、いろいろな不安がありますよね。

英語・お金・環境の変化・人間関係・・・あげたらキリがないと思います。

そしてその不安がゆえに、ワーホリ(に行く事・生活する事)自体が目的になっていませんか?

ワーホリに行くんだ‼︎と意気込むのはとても良いのですが

こーた

俺・私は何の為にワーホリに行くんだ?

 

と考えていますか⁇

ワーホリに行くのは、何かを成し遂げたい or こんな自分になりたい。と目的が明確化していた方が良いです。

ワーホリの目的がハッキリしていないとこうなる

ワーホリの目的がハッキリしていないと日本と同じ生活になります。

ここは断言します。そんな多くのワーホリ生を見てきました。

とりあえずワーホリに行ってみよう。

最初のきっかけはこれでもいいと思います。

でも、いざワーホリに行く時にはしっかりと自分の目的を考えましょう。

ワーホリの目的って例えば⁇

ではワーホリの目的とは何か。僕の話や僕の周りのワーホリメーカーの目的を書き出します。

僕の場合

👉

これだけです。

ワーホリビザを使って、『住むように旅する』

もっと具体的に言うと『旅を通して、僕がなりたい僕になる』為です。

旅の為のバイト。旅の為の家。旅の為の環境。

全ては『なりたい僕になる為の旅』です。

友人Aの場合

👉ダイビングのインストラクターの免許を取る。

グレートバリアリーフが有名ですが、オーストラリアにはダイビングスポットがたくさんあるそうです。そして海も綺麗な為、ダイビングがもちろん盛んで、ライセンスを取る人が多いです。そのライセンスを取る人に教えるインストラクターになる為にオーストラリアに来たそうです。

ちなみに彼は永住権狙い。そこまで考えているのがすごい。

友人Bの場合

👉日本で英語の教師になる。

日本の英語の教師の免許はすでに持っているそうですが、英語が話せない英語の教師ってなんなんだ‼︎と思っているそうで、その為のワーホリだそうです。

学生ビザでない理由は、現地の生活を通して生きた英語を身につけたいから。日本レストランではなく、しっかりとローカルジョブを見つけ1年間のワーホリ生活を謳歌しています。

友人Cの場合

👉ファーム生活を経験したい。

実はファーム目的の人は結構います。日本では中々経験できないし、お金も稼げる。セカンドビザも取れるので、2年間オーストラリアに滞在できるし、何よりもオーストラリアらしい生活ができる。野生のカンガルーとかワラビーとか見れますからね、ファーム。

宣言通り、彼は学校にも行かず、CITYにも住まず、1年間ずっとファームにいました。その後旅をしているそうですが、僕もファーム経験者として、1年間ファームにいる彼の精神力には頭が下がります。

ワーホリの目的が

👉お金を貯める

なら、バイト漬けでもいいと思います。バイト掛け持ちして、働きどうし働いて・・

それが僕のやりたいことだ!!と胸を張って言えるなら僕は全力で応援します。

ワーホリは手段だ‼︎

上の僕や友人のワーホリの目的を見たらもうお分かりですね。

みんな、ワーホリを目的の為の手段として使っています。

決して、ワーホリをするんだ‼︎という目的ではないですよね。

ワーホリは手段であって、決して目的ではありません。

こーた

君はワーホリを通して、どうなりたい?どんな人生を送りたい?

この2つを考えて見ましょう。

おのずとワーホリの目的が見えてくると思います。

まとめ

『目的』は何でもいいんです。人それぞれですから。

『目的』を持つ事が大事で、その目的の為のワーホリだと言う事を認識してください。

オーストラリアは物価が高いですから、お金が心配なのも分かります。

ワーホリで生きて行くことが目的になり、バイトをたくさん掛け持ちして、自分の時間が無くていいんですか?

日本の生活と同じ時間を過ごしていませんか?

今一度、自分の目的を考えて見ましょう。

 

こーた
『目的』があれば、君のワーホリは劇的に変わる‼︎

 

See u later!!
Kota