【飛騨高山】宮川朝市と陣屋前朝市を見逃すな!おすすめゲストハウスも紹介。

こんにちは!こーたです。

さて、飛騨高山旅2日目です。

朝からアクティブに!

高山名物の『宮川朝市』『陣屋前朝市』へ行ってきました!

地元のおばちゃん達の威勢の良い声に、旅の朝を感じました。

『高山ことば』で話かけてくれるおばちゃん達に、非日常を感じる最高の朝。

こーた
人との出会いが旅の醍醐味

高山にきたら、2つの朝市を見逃さないようにしましょう♪

2日目のポイント
  • 宮川朝市
  • 陣屋前朝市
  • 高山陣屋で歴史に触れる

町歩きメインの飛騨高山旅ですが、街を歩くからこそ分かるその土地の良さ・人の暖かさに触れられます。

2日目はそんな心温まる旅でした。

宮川朝市

今朝は少し早起きして、有名な宮川朝市へ!!

旅の朝はいつも早いです。

江戸時代から、米市,桑市、花市などの市として発達し、明治の中頃から、農家の奥さんたちによって野菜がならべられるようになり、朝市とよばれるようになりました

江戸時代から続く朝市。

たしかに、食材よりもお花やお土産が多かった印象!

市場の朝市とは違う、独特な雰囲気でしたね♪

あの朝の少し湿っぽい空気の中、露店のおばちゃん達と談笑しながら食べ歩き。

高山ことばという方言も教えてくれますよ。

こーた
忘れましたけど。笑

夢中になりすぎて、写真を撮るのを忘れていたみたいです。笑

これしかなかった・・。

この飛騨牛まんも朝市でゲット。

高山では食べ歩け!と『【飛騨高山】飛騨牛握り・高山ラーメン食べ歩き!古い町並みのおすすめカフェも紹介』では書きましたが・・

こーた
朝市でも朝から飛騨牛食ってた。笑

お土産やさんも多いので、ちょっと朝早く起きてお土産を漁るのも吉

始まった時間とかに行くと人も少なくて、地元のおばちゃん達とも話せます。

早めの時間がオススメですよ!

僕は、飛騨のヒノキで作ったマイ箸を買いました♩

宮川朝市

営業時間:7時〜12時(冬季は8時〜)

毎朝開催!

陣屋前朝市

宮川朝市から陣屋前朝市へ移動!

朝市はこの2つ。

どちらも高山を旅するには外せませんよぉ〜。

こちらも新鮮な野菜や果物はもちろんのこと、お花やお土産がたくさん売ってます

朝市の目の前で売ってたみたらし団子がめちゃくちゃ美味かった。笑

(また写真ない。笑)

宮川朝市よりは少し小さい規模ですが、陣屋前はまた雰囲気が面白い!

こーた
おばちゃん達が楽しむフリーマーケットって感じ!

陣屋前朝市もお昼には終わってしまうので、なるべく早い時間に行きましょう!

朝市の魅力は地元の人たちと話しができるところです。

何も買うつもりがなくても、話が盛り上がってつい買っちゃう。

こーた
いやぁ~おかあさん商売うまいねぇ~なんつって。笑

でもこの時間こそ旅の醍醐味、本質じゃないのかなと思っています。

どんなに綺麗な景色よりも、美しい人たちがそれぞれの場所にいるんです。

その人達とたくさん話して、その土地を知りたいですよね。

陣屋前朝市

営業時間:7時〜12時(冬季は8時〜)

毎朝開催!

高山陣屋

朝市に行ったタイミングではやっていなかったので、家具メーカーに行った後、帰る前に寄りました。

歴史好きな僕としては絶対に外せなかった!

ここはもともとは高山城主、金森氏の下屋敷の一つでした。

金森氏が山形県へ移されてからは、徳川の直轄地になってそうです。

その時に代官や郡代が、江戸からやってきて役所をおいたのがこの高山陣屋

飛騨の小京都とはいったもので、本当に歴史の深さを感じました。

門の扉に残るしみは、農民に殺された門番の血痕と言われているらしいです。

京都の血天井もそうですがこういったものに、昔の人の想いが残っているんじゃないかって思います。

郡代役所が残っているのは、この日本中探しても高山だけなのでとても貴重な建築です。

1929年に国指定史跡に登録されています。

史跡登録以降も、公共機関の事務所として使われていましたが、

現存する唯一の陣屋であることから、

1996年3月に、1830年の絵図を基に約20億円を掛けて蔵番長屋・郡代役宅・奥座敷などが、ほぼ江戸時代の状態にまで復元されらしいです。

こーた
20億ってはんぱないですね。でもそれだけの価値はありますよ!!
高山陣屋
  • 営業時間
    3月から10月:午前8時45分から午後5時
    11月から2月:午前8時45分から午後4時30分
    8月:午前8時45分から午後6時
  • 休日:12月29日・12月31日・1月1日
  • アクセス JR高山駅より徒歩10分
  • 利用料金
    個人料金:大人430円・高校生以下無料
    団体料金(30人以上):大人380円
  • TEL          0577-32-0643

高山のオススメゲストハウス

今回のゲストハウスは、『ゲストハウス桜花』

めちゃくちゃ綺麗で国際色豊かな宿でした!

(また写真無い・・笑)

セキュリティもしっかりしていて、廊下に鍵がかかるロッカーもあったがグッドポイント!

リビングときっちも広かったので、長期滞在にもおすすめです。

古い町並みや朝市、高山ラーメンのお店も歩いて行ける好立地。

駅からのアクセスも分かりやすく、コンビニもすぐそばに、駐車場もありなので旅人には本当に心強い宿でした。

細かい写真等が、Booking.comで確認できますので、下記のボタンから見てみてください♪

【2日目まとめ】朝一は絶対行こう!

飛騨高山、1泊2日のショートトリップ。

2日目の朝は、まず朝市から行ってみてください♪

高山独特の雰囲気を感じられますし、地元のおばちゃん達のパワフルさに元気をもらえますよ♪

この時は会社の用事もあり、ゆっくりと沈没する事ができなかったので次回また行った時は、

もっとディープな高山をみて回ろうと思います!

【飛騨高山】飛騨牛握り・高山ラーメン食べ歩き!古い町並みのおすすめカフェも紹介

2018-11-13

 

See u later!!

こーた