【オーストラリアワーホリ】マッサージ屋さんで働くって、ぶっちゃけどうなの?

オーストラリア

こんにちは!こーたです。

今日はオーストラリアワーホリで、半年間マッサージショップで働いている僕

ワーホリでも人気の仕事『マッサージセラピスト』のリアルを紹介していきます。

2018年8月〜2019年2月現在の半年間、

ローカルな街のマッサージショップで、セラピストとして働いています。

ちなみに、日本ではまったく違う仕事をしていたので「未経験」です。

未経験でも挑戦できるワーホリの仕事として、

ひとつ考えてみてもありかなと思っています。

今日の記事のポイント
  • マッサージショップって稼げる?
  • どんな人が向いてる?向いてない?
  • セクシャルに気をつけろ!

どんなワーホリにしたいかによって、

ワーホリ中の仕事はガラリと変わってくるかと思います。

こーた
君はどんなワーホリ生活を送りたい?

僕がなぜマッサージショップで働いているのか。

このあたりも交えながら話を進めていきますので、

読みながら考えてもらえると嬉しく思います。

【オーストラリアワーホリQ&A仕事編】仕事はあるの?お金は稼げる?『給料明細』公開します!

2018-10-27

まず、マッサージ屋で働くって何?

オーストラリアワーホリでは、マッサージ屋さんで働く事が割と一般的です。

日本でも、リラクゼーションマッサージのお店が増えていると思いますが、それに近いです。

僕も、職場の同僚以外で、マッサージ店で働いている友達がいます。

僕のように、未経験で挑戦している人もいれば

日本でも同じような仕事をしていた人もいます。

中には、日本では整体師や理学療法士をやっていたり

日本の医療の資格を持っている人もいます。

僕自身マッサージを受けた経験が、

日本・台湾・オーストラリアと3カ国しかないので、あまり比較のしようがないのですが、

オーストラリアはその中でも『美』に対する意識が強い国なので、全体的にレベルは高いのかなと思っています。

こーた
観光地のマッサージショップは、技術的にはあんまりな印象だけど・・・笑
こーた
少なくとも僕の店のトレーニングを受けたら、どこでもやっていけるレベルになる!って言われてる。笑

僕自身マッサージ未経験で挑戦しようと思ったのは

世界中どこでもできる仕事だからです。

手に職なので、自分で小遣い稼ぎをする事もできるし、マッサージショップは世界中にあるので、

基本さえできてしまえば、応用はしやすいかなという理由です。

こーた
もちろん日本でも続けられるしね!

ただ、オーストラリアでマッサージショップを選ぶ時には、注意しなければならない事もあるので、しっかりと見極めましょう!

この点は後でお話します。

資格はいるの?

僕がいるお店では、資格はいりません。

あくまで『リラクゼーションマッサージ』。

治療(医療行為)ではないので、特別な資格は必要ないです。

お店のトレーニングをして、技術テストをトレーナーにして、合格がでたらお客様にマッサージができるという流れです。

こーた
トレーニング期間はお店にもよると思うけど、2週間〜1ヶ月くらいかな。

ただ、中には保険適用される『リメディアルマッサージ』というものがあったりします。

日本でいう医療行為にあたる(整体とかに近いのかなぁ)ので、これは資格が必要です。

オーストラリアのマッサージの専門学校等に行くととれます。

これを取る人は、日本でも同じような仕事をしていた人や、スポーツトレーナーを目指す人なんかが多く取るようです。

なので基本的には資格は必要ありませんが、リメディアルを持っていると、マッサージショップでも働きやすい&選択肢が広がるという感じです。

実際稼げるの?

こーた
ぶっちゃけ稼げない!笑

いくらお金をもらったら稼げたことになる?という問題はありますが、マッサージは歩合制のお店が多いです。

なのでお客様がこない限り、僕らセラピストにお給料が入る事はありません。

1時間あたり○%だったり、施術料金の○%だったりします。

土日でバリッバリお客さん来ている日なんかは、体はしんどいですが結構稼げます。

それこそジャパレスなんかより全然。

1日$200近く行く事もあります。

仮にそれが5日続けば、週$1000。

うちの店では、月で$○以上稼ぐとボーナスも出ます。

なので指名をとったりして毎日働けば、結構稼げると思います。

だけど、世間はそう甘くない・・!笑

日によっては、1日で$40・・・なんて日も。

マッサージって本当にタイミングで、

今、体痛いからマッサージして欲しいんだよね!

って言われても、セラピストが空いていなかったり

ちょうど予約がいっぱいだったりすると、お断りするしかない。

こーた
この時間なら空いていますよ!

って言っても

いや、今して欲しかったんだよねぇ。

ってなる事も多いです。

これが観光地やショッピングセンターにあるマッサージショップで、営業しなくてもガンガンお客さんがくるお店なら別かと思いますが。

僕が働いている店は、ローカルな街の独立店舗なので、リピーターの方が多いです。(新規ももちろんいるけど)

なので、ついでにマッサージしてく?という導線がほぼ無いので、お客様がまっっっっったく来ない日なんかもあります。

お客様が来ないともちろんお給料はゼロ。

マッサージ全種類できるようになれば、最低保証金額があります。

そして、半年働いてゼロの日は無かったけど。

ワーホリでバリバリ稼いで、旅するぜ!

他の国での留学資金貯めるぜ!

っていう人たちにはあまりオススメしません。

もし、マッサージをやりたくて、かつ稼ぎたいのであれば、観光地やショッピングセンターの中でも、忙しい店舗を狙いましょう!

稼げてないのに、なんでそこで働くの?

それはずばり自分の時間が確保できるから

これにつきます。

ワーホリをどう捉えるか。という事にもなるかと思いますが

今の僕はワーホリの仕事でバリバリ稼ぐよりも、

自分の時間を確保して、ブログだったり自分のやりたい事だったりに挑戦したいんです。

ジャパレス週5、1日8時間ガンガン仕事したとして

そのエネルギーは僕にはありません。笑

こーた
それに日本の時と同じような働き方はしたくなかった。

歩合制なので、マッサージをしていない時はお給料は発生しません。

なので、待機の時間は基本的に自由です。

もちろん、雑務は多少ありますが。

スマホで自分の仕事が出来たり、勉強をしたりできるのが良いところ。

かと言って、生活費に困るほど稼げないわけではないので、生活費は稼ぎつつ、エクストラマネーは自分でコツコツ稼いでいこうかなという算段です。笑

こーた
お客様の体を直接癒すから、Thank youって言われると嬉しいってのもあります。たまにチップくれる人がいたり、気に入って指名してくれる人がいるのも、やりがいあるなぁって思ってます。

マッサージの仕事はこんな人に向いてる!

  • 自分の時間が確保したい
  • 手に職をつけたい
  • 帰国後の仕事にも活かしたい
  • マッサージやってみたい
  • マッサージ経験者
  • 時給で働くのが嫌な人
  • ワーキングホリデーの『ホリデー』メインで来ている人(俺。笑)
  • バリバリ働くのは嫌だけど、生活費は稼がないとなー!って人
  • 自由に働きたい人(歩合なので、シフトも割と自由。お店にもよると思います。)

マッサージの仕事に向いてない人

  • バリバリ稼ぎたい
  • めっちゃ働きたい
  • ワーカホリック
  • ローカル飲食に挑戦したい人
  • 安定した収入が欲しい人
  • すでに手に職を持っている人(美容師など)

こんな人たちには、あまりオススメしません。

ちゃんとしたジャパレスで働いた方が、安定しているし、トータルで見たらお給料も良いと思います。

女性はセクシャルに気をつけて!

マッサージの求人はネットで探したり、

マッサージショップにレジュメ(履歴書)を持っていく事で仕事が出来ます。

ただ、気をつけて欲しいのが『セクシャルマッサージ』

想像できるかと思いますが、日本でいう風俗店のようなサービスを行うお店です。

なので、女性でマッサージをやりたい人に気をつけて欲しい。

具体的にこの求人とは言いませんが、以下のような文言が入っていたら気をつけてください!

これは気をつけて!
  • シティで一番稼げる!女性セラピスト募集中!
  • 「時給制」でたくさん稼げる!
  • ☆☆新規店舗出店!女性セラピストが活躍できるお店です!☆

こんな文言が入っていたら、ほぼほぼ怪しいです。

もちろん全部ではないでしょう。

実際、うちのお店でも女性セラピストを希望するお客様はたくさんいます。

女性と男性セラピストでは、マッサージを受けた感じが全く違うので、

女性を好む人も多くいます。中には男性セラピストを希望する人もいます。

ですが、『時給』『女性が活躍できる』という言葉に踊らされないでください。

いざ面接に言ったらハッピーエンド(エッチなマッサージのこと)できる?って聞かれるケースが多いです。

こーた
風俗みたいに稼げるから、あえてやっている人もいるけどねぇ!

逆にセクシャルをやりたい人は、探しやすいと思います。笑

オーストラリアの友達でやっている子もいますが、結構稼げるらしいですよ。

【まとめ】ワーホリで稼ぎたいなら、向いてない!

マッサージショップのリアルを書きました。

いかがでしたでしょうか?

上にも書きましたが、バリバリ稼ぎたいならやめた方がいいと思います。

それが観光地等なら別かと思いますが、

稼ぐ事が第一目的なのであれば、ファームなりローカルに挑戦する事をオススメします。

飲食店なら、休日祝日はダブルペイ(時給2倍)になるお店も多くあります。

マッサージの技術が欲しい・自分の時間も確保したいという働き方をしたい人にはオススメです。

こーた
どんなワーホリにしたいのか?

これを考えてみたら、自ずと答えは見えてくるのではないかな?と思います。

 

SEE YOU LATER

こーた