【オーストラリアワーホリ持ち物リスト】必要なモノと捨てたモノ。現地でも揃います‼︎

Tabi

こんばんは‼︎

こーた(@kotabilover)です。

ワーホリも2年目‼︎

そんな今日は、オーストラリアワーホリに持ってきた荷物を紹介します。

【2020年3月22日 最新版】※随時更新

オーストラリアで2年以上を過ごした経験を元に、生活に必要な物・現地で買える物をまとめました。

中には、オーストラリアに来てから捨てた物もあるので、その辺りも紹介します。

現地で生活していく為に、日本にいるうちに帰るオススメアイテムも紹介しているので、参考になると幸いです。

kota
これから、ワーホリに行く人は要チェックです!持ち物一覧チェックリストは、パッキングの時に使ってね!

オーストラリアワーホリに来て、良かった事『ベスト5』

2019-02-28

【オーストラリア】現役ワーホリメーカー、1日のスケジュール

2019-01-15

【オーストラリア】ワーホリのSIMカードは、Catchconnect一択!激安です。

2018-12-10

カバン類

スーツケース 2泊3日用。僕は十分でした。多くの人が、6泊7日用とか大きいやつを使っています。中には大小2つのスーツケースを持ってくる人も。後に、このスーツケースは捨て、70Lのバックパックを購入。
バックパック 機内持ち込み可35L。旅でも使うので日本で新調して来た、バートンの普段使いもメインのバックパック。
⇨ 60Lのバックパック+10Lのデイパックをオーストラリアで購入。日本では売っていないKathmandu
パスポートケース・財布・携帯が入る小さいショルダーバックやスリングバック ちょっとした買い物の時便利。
折りたためるトートバック(エコバック) スーパー(ウールワース/コールスの2大スーパー)はビニール袋が有料になりました。(2018年7月より)エコバックあると便利‼︎
こーた
カバン類はこちらでも普通に買えるよ

僕が使っていたのは、バートンのバックパック‼︎

180°リュックが開閉して、スーツケースみたいに使えるのでオススメです♪

2週間〜1ヶ月くらいの旅ならこのカバン1つです‼︎

エコバックは大好きなマリメッコ‼︎

元職場の人がプレゼントしてくれました♪めっちゃ重宝します。

ベルロイはオーストラリア発の財布やバッグ・スマホケース等を販売するブランド。
非常に使いやすいのでオススメです♪

必ず必要なもの

パスポート コピーも2・3枚
ビザ コピーを1部(PDFもあると便利)
航空券 今はスマホアプリでオンラインチェックインが出来たりするので、航空会社のホームページをチェックして見て下さい‼︎
海外保険(保険証券) 海外保険に入っていれば、キャッシュレスでいける病院もあり。(ブリスベンだと、さくらクリニック)日本から継続して同じ治療をするのは不可。あくまでオーストラリアに来てから発症、怪我した場合。にきびとかでも薬でるし、高いお金を払っているから、日本では行かないような症状でも、こまめに行ってもいいかも。
※病院によっては、あとから保険請求が必要な場合もあります。
現金 現地で銀行口座をすぐ開設する人は5万円分くらいを両替すればOK。あとは海外送金しましょう。海外送金には、手数料爆安のトランスファーワイズがオススメです。
クレジットカード VISAかMasterCardがオススメ。JCBは使えないところがあります。僕はいつでも楽天カードを使ってます!ポイントいいよね。
SIMフリースマホ 世界中どこでも使えるので、あると便利。
オーストラリアで買うならいらない。
※日本の携帯をそのまま使いたい人は、各キャリアでSIMロック解除をしないと使えないので注意。
変換プラグ オーストラリアはOタイプ。2、3個持ってくるのが吉。日本では100均で買えます。オーストラリアで買うとちょっと高い。
延長コード(*1/17 追記) 変換プラグに刺して使うと便利!日本でも使いますよね。旅の時も、ベッドからコンセントが遠い時なんかが、よくあるので重宝しています。1つあれば良いかと思います。
タコ足(*1/17 追記) 延長コードの先につけると、めちゃくちゃ便利。タコ足があれば、変換プラグは1つでOK。僕は3つ持ってきていますが、1つしか使っていないので、必要な数だけ持ってきましょう。
変圧器 必ずではないですが、あった方が良い!最近のスマホやパソコンは世界中使えますが、使えない電子機器もあります。オーストラリアは220-240Vと日本の倍の電圧です。
kota
最悪、パスポート・ビザ・航空券、スマホ、クレカあればなんとかなるとは思いますが、準備は念入りに。

半袖Tシャツ 5枚 ⇨ 7枚:買い足しました。
半袖Tシャツ(寝る時用) 3枚
長袖シャツ 3枚 ⇨ 2枚:1枚捨てました。こんなにいらない。
長袖パーカー 3着

オーストラリアは建物の中やバス・電車がクーラーガンガン。夏でも寒い‼︎学校では普通に長袖長ズボンでした。暑いイメージがあるオーストラリアですが、長袖はあった方が絶対に良いです。

特に女性。日差しも強いので、日焼け対策にカーディガンとか合った方がいいです。こっちにもユニクロ・H&M・ZARAなどもあります。ローカルの安い服屋さんはたくさんあっていくらでも買えるます‼︎最初の荷物を少なくしたい人はこっちで買うのもあり‼︎

ライトダウン 冬は普通に寒いので、無いとやばいです。笑
半ズボン 1本 ⇨ 2本:買い足しました。
デニム 1本
下着 7枚 ⇨ 5枚:洗濯するから7枚もいらないです。
靴下 7足 ⇨ 5足:夏場は、暑くて靴を履かないからこんなにいらないです。
帽子 僕は持ってませんが、こっちの暑さで買う人続出‼︎

冬物は、ウルトラライトダウンだけ持って来ました‼︎

kota
特に、メルボルンやタスマニア・パース等南側の都市は冬は寒いよ‼︎でもこっちに来て、捨てた服もあるから、最初は必要最低限でOK‼︎足りなければ買い足すくらいがちょうどいいです。荷物を減らすなら服を減らしてみましょう♪

コンバーススニーカー 1足:履き慣れた靴だといいですね。オーストラリアでも普通に変えます。
旅用ブーツ 1足:僕は旅の時はブーツなので、履き慣れた旅用。
最近はもっぱらビーサン1つ。
ビーサン 1つ:ビーサンはこっちで$2とかで買えるので、荷物を減らしたい人は現地で買えばOK‼︎
kota
履き慣れた靴があるといいですね!

カジノに行く時など、スニーカーが無いと入れない時があります。

サンダルNGのところがあるので、1足あると良いかも。

自然が多いオーストラリアなので、遊びに行く時もスニーカーあると良いですよ♪

kota
靴も普通にこちらで買えます!サイズも問題なくあるので、荷物を減らすならオーストラリアで買うのが吉!

生活用品

フェイスタオル 3枚。必要な分だけ持って来て下さいね。
(こっちでも買えます‼︎)
バスタオル 2〜3枚。

必要最低限な分で大丈夫です。こちらでも安く買えますが、質があまり良く無く、糸のほつれが多いです。気になる方は持って来ましょう。

洗顔料 オーストラリアは自然派の洗顔料が多いので、こちらでも買えます。肌にあったものがある人は持ってきた方が吉。
化粧水 オーストラリアには、日本のような化粧水はありません。どうしても欲しい人は、トナーと呼ばれる化粧水っぽいものはあります。化粧水を自分で作る人も多いで。
どうしても必要な人は持って来ましょう。
保湿クリーム 保湿クリームはたくさん売っています。NIVEAもあります。
歯ブラシ オーストラリアの歯ブラシはでかい‼︎笑

子供用を買うとちょうど良かったりします。
トラベル用で1つあると便利。

歯磨きフィルム 旅でも使えるフィルム型の歯磨き粉。
普通の歯磨き粉はこっちでも買えます‼︎
石鹸フィルム 旅でも使えるフィルム型の石鹸。
マジで便利。かさばらないのが◎

僕が使っているのは、無印良品のこのタイプ。嵩張らないし、ちゃんと泡立つのでオススメ♪

トラベル用シャンプーセット シャンプー類はこっちでたくさん買えます。必要であれば♪
ヘアワックス 必要であれば‼︎こっちでも買えます。
ヘアスプレー 必要であれば‼︎こっちでも買えます。
髭剃り 必要であれば‼︎日本と同じものがこっちでも買えます。
シェービングクリーム 必要であれば‼︎日本と同じものがこっちでも買えます。
トラベルドライヤー ドライヤーは現地で買うことをオススメします。電圧が違うので、日本仕様のものは使えません。それに、日本から持って来ると荷物になります。
こっちのドライヤー安いもので$19くらいで買えます。
僕は元々持っていた、無印良品のトラベルドライヤーを持参。
トラベルドライヤーなら電圧を変えられる&小さいのでオススメ
爪切り 必要であれば‼︎こっちでも買えます。
綿棒 必要であれば‼︎こっちでも買えます。
綿棒の質は、日本が神クラス。笑

旅でも愛用のドライヤー。もちろん電圧も変更できて、コンパクトになるので超オススメ。

風量も問題無し。ポニーテールの長さで5分もせずに乾きます。

kota
ブリスベンにはダイソーがあるから、日本のモノも少し買えるよ‼︎田舎には無いので、ファームにいきなり行く人とかは、日本から持ってきた方が吉だよ。

学校生活

筆記用具 何かと使いますよね。
ノート ノートは日本から持って来ると吉。
こだわりなければいいけど、文房具類は高いです‼︎
辞書(スマホアプリ) 携帯のアプリで十分。
日本人は結構電子辞書を持ってますが、必要ないです!
付箋 あると便利。こっちでもポストイットが買えます。
クリアファイル 学校では、プリントが多かったりするのでクリアファイルがあると便利。こっちは気持ち高いので、100均で10枚セットとか買っておくと良いですよ‼︎
kota
学校行かない人もボールペン1つあると便利だよ‼︎飛行機の中でも使うからね♪

常備薬

総合風邪薬 飲み慣れたもの。葛根湯とかいいかも。箱から出して、チャック付きの袋に入れてくれば、嵩張らないよ‼︎
解熱剤 病院でも薬はもらえます。飲み慣れたものがある人は、持ってきても良いと思います。
最初は、薬買いたくても英語わからないし、体調悪いし最悪‼︎ってなります。笑
整腸剤 飲み慣れたもの。ストッパ正露丸
マジで重宝します。
ムヒ オーストラリアでも買えます。
ティーツリーオイルが有名ですね♪
酔い止め オーストラリアでも買えますが、行きの飛行機やバスで酔う人は必須。(僕。笑)
カットバン こっちでもバンドエイド買えるので、必要であれば。
頭痛薬 病院でも薬はもらえます。飲み慣れたものがある人は、持ってきても良いと思います。
kota
薬は、必要であれば‼︎海外保険に入っていれば、病院で処方箋出してもらい、保険を使って薬をもらうこともできます!

僕は乗り物に超絶弱いから酔い止めは手放せない‼︎笑

結局足りなくなってオーストラリアで買い足しました。

ストッパが僕を助けてくれた事は数知れず・・。笑

あると便利なアイテム

パソコン レジュメ書く時や調べ物、課題をやる時にも便利。学校やエージェントで借りれたりもするので、必要なければ無しでもOK‼︎
カメラ せっかく来たのだから、綺麗な写真を撮りたい‼︎
オススメはα7III
レンズ 同上。笑
水着 これは持って来た方がいい‼︎オージーサイズは日本人に合わない。170cm細身の僕が探すのに苦労しました。
よく見ると、普通にサイズあります。アンダーパンツはあまりみないので、必要な人は持ってきましょう!
サングラス 必須‼︎
オーストラリアの方が、全体的に安いです。
日焼け止め こっちでもたくさん売ってます。でもSPF50++++は見た事無い。あっても50+。
洗濯ネット 普段の生活はもちろん、バッパーで大活躍したのがこいつ。シェアハウスとかに住む人は、自分の洗濯物をこの中に入れとくと盗まれないし、管理が楽。
折り畳み傘 雨が突然降ることも多々あるので、カバンに忍ばせておきましょう‼︎オージーは傘をささないからか、こっちで買うと質が悪いです。
日本語の小説 英語環境にいると、日本語が恋しくなる時も。本が好きなら持ってこよう‼︎電子書籍もあり。
インスタントの味噌汁 日本食が恋しくなった時に、手軽に飲めるお味噌汁。こちらでも買えますが、割高&おいしくない。一時帰国で買い込みました。
お茶(ティーパック) おーいお茶のティーパックを持ってきました。冬に大活躍。笑
kota
オーストラリアは日差しが強いから、サングラス日焼け止めは必須‼︎

オークリーのサングラスは、日本人の顔にあってるからオススメ‼︎

小顔の人にもオススメします‼︎

このmabuの傘がスーパーオススメ。本当に軽くて、シンプル。丈夫でおしゃれ。
完璧な傘。買い足しながらかれこれ3年使ってます。

荷物を減らすなら、これを削ろう‼︎現地で買える物リスト。

正直、ほとんどの物は現地で買えます。

特に服やタオルなどの生活必需品は、最低限持って来ればOK‼︎

ただ、ファームがある田舎などに行く場合はお店が近くに無い場合もあるので、

一度行く場所をグーグルマップで調べてみると吉。

バスタオル オーストラリアでも安いタオルが買えるので、こっちで買ってもOK‼︎
最初の荷物を減らすには、タオルと服を減らしましょう!
Tシャツ Tシャツはこっちで腐るほど売ってます。
しかも安い。$5とかで買えます‼︎必要最低限でOKです。
靴下 夏場はサンダルばかりなので、いらないです。必要であれば普通に買えるし、必要最低限でOK。
下着 必要最低限の枚数でOK。女性の下着とかはサイズ等わからないからなんとも言えない・・・すみません。
折り紙(日本からのお土産) 珍しいんかな?と思って持って来たけど、普通にORIGAMIとして売ってました。笑
寝癖直し 水不足が深刻で、家によってはシャワーの時間も限られています。朝シャワー浴びれないことも考えて持って来たけど、意外と普通にシャワー浴びれました。必要なかったです。
必要以上の薬 僕の場合は、親が心配性で持たされた・・という感じなのですが。こちらでも手に入るので、必要最低限でOK。病院から処方された薬などある人は持って来ましょう。
kota
心配で持って来たけど、意外と使わないのが薬。健康第一‼︎風邪引いたりしたら、保険使って病院行く方が良いよ‼︎

番外編 -ワーホリ生活を楽に、楽しくする素敵なアイテム達-

ワーホリでは、色々な国の人と生活します。

それが醍醐味で面白いのですが、やはり日本人は綺麗好き。

kota
汚いところにものを起きたくない‼︎自分の物をしっかりと管理しておきたい‼︎

と、いうことで実際に使っていて、ワーホリ生活をより快適に楽にする、

ちょっと素敵なアイテムを紹介します。

これが超便利。特に汚いお風呂場・水回り。

下にものを置くのが嫌な時や、そもそも置くところがない時に、

ちょっと引っ掛けられるので便利なアイテム。

かれこれ5年以上使ってる神アイテム。

英語の準備もしておこう!

ワーホリ生活を通して、英語が出来ないのは選択肢を狭める事に繋がります。

私自身、英語力はからっきしの状態で来たので苦労した部分も多いです。

日本人も多いので英語が出来なくてもなんとかなってしまう・・・というのもリアルなオーストラリアワーホリの側面です。

ただ、限りあるワーホリの時間をより有意義に、楽しく過ごすのであればやはり英語の準備は絶対に必要です。

日本で英会話教室に通うのは高いですが、費用が抑えられるオンライン英会話という選択肢もあります。

教室に通うよりも手軽で、毎日授業を受けられるのもメリットの1つ!

自分で英語を勉強する事も大事ですが、日本にいるうちに生の英語に触れる機会を作る事が大事だと思います!

僕はDMM英会話をやっていました。

毎日のレッスンは、正直めんどくさい事もありましたが、英語への恐怖心が無くなったという点で非常に効果的でした。

英語が得意でなくても、「臆せず誰とでも話せる」というのは英語上達のキーになります。

その土壌を日本にいるうちに作っておく事をオススメします。

【グラマーインユース 】英語のスピーキングにも最適!!使い方とオススメポイント3選

2020-02-29

持ち物チェックリスト

チェックリストも作りました‼︎出発前のチェックにどうぞ♪

必須アイテム ✔︎
パスポート
ビザ
航空券
海外保険
現金
クレジットカード
SIMフリースマホ
変換プラグ
変圧器
✔︎
半袖Tシャツ
半袖Tシャツ(寝る時用)
長袖シャツ
長袖パーカー
ライトダウン
半ズボン
デニム(長ズボン)
下着
靴下
帽子
生活用品 1 ✔︎
フェイスタオル
バスタオル
洗顔料
化粧水
保湿クリーム
歯ブラシ
歯磨きフィルム
石鹸フィルム
生活用品 2 ✔︎
トラベル用シャンプーセット
ヘアワックス
ヘアスプレー
髭剃り
シェービングクリーム
トラベルドライヤー
爪切り
綿棒
✔︎
スニーカー
サンダル
学校生活 ✔︎
筆記用具
ノート
辞書(スマホアプリ)
付箋
クリアファイル
常備薬 ✔︎
総合風邪薬
解熱剤
整腸剤
頭痛薬
酔い止め
カットバン
ムヒ
あると便利 ✔︎
パソコン
カメラ
レンズ
水着
サングラス
日焼け止め
洗濯ネット
折り畳み傘
日本語の小説
インスタント味噌汁
お茶(ティーパック)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ワーホリに必要なアイテムを揃えましたが、

ぶっちゃけ大半の物はこっちで買えます。

日本からの移民も多いオーストラリア。

日本のモノは割高ですが、揃います‼︎

日本のスーパーも場所によってはありますしね。

特に生活に必要なものはなんでも揃います。

だから本当に必要最低限の物で十分です‼︎

空港で追加ラゲージ代払うより、いいのではないでしょうか?

未知の生活で不安も多いと思いますが、準備段階からワクワクしてくださいね!

質問等あればじゃんじゃんお待ちしております‼︎

See u later !!!

こーた